業界: 道路・鉄道部門
製品: ContextCapture、LumenRT、MicroStation、Navigator、OpenBridge、OpenRoads、ProStructures
ユーザー: Chongqing Traffic Planning, Survey and Design Institute
国: 中国

2019年10月21日

中国のMeitan-Shiqian Expressway、BIMの進化とデジタルツインで設計と建設を最適化

Meitan-Shiqian Expresswayは、中国貴州省の第13次交通整備5か年計画の主要プロジェクトです。全分野にわたり建設と管理のBIM手法を大規模に適用する中国で最初の高速道路です。山岳地帯を通過するこの高速道路は、全長113キロメートルのうち、橋梁、高架道路、トンネルが54.92%を占めています。

プロジェクトの課題は、複雑な地形と地質、多くの構造物、長い実施期間、多くの干渉要因、維持の困難なプロジェクトスケジュールなどでした。Chongqing Traffic Planning, Survey and Design Instituteは、高速道路の設計と建設の品質を改善し、ライフサイクル全体にわたる管理を実施するために、デジタルツインを活用しました。投資総額178億8,000万人民元のこの高速道路は、2021年に竣工、開通の予定です。

チームは、設計準備のため、無人飛行機で既存用地を調査し、ContextCaptureを使用して3Dリアリティモデルを作成しました。リアリティコンテキストにより、Bentleyのオープンモデリングアプリケーションとシミュレーションアプリケーションを使用して短期間で最適な設計ができ、建設期間は89日間短縮されました。

OpenRoadsを使用して多分野型BIMモデルを構築したところ、建設前に100件以上の干渉が見つかりました。また、施工業者に設計意図を理解してもらうために、LumenRTで没入型の仮想体験を開発し、設計を簡単に検討できるように、軽量なiModelファイルをOpenRoads Navigatorにエクスポートしました。関連する各分野から61ギガバイトものデジタル資産データを蓄積し、今後の運用と保守をサポートするためにデジタルツインを作成しました。

このプロジェクトでは、デジタルツインを活用した多分野型モデリングを採用した結果、従来の建設ライフサイクルが一変しました。プロジェクトチームは、以前の手法では建設段階まで発見、解決できなかった問題を設計段階で特定できました。そのため、設計の労力と時間は半減し、建設品質の向上と建設コスト削減につながりました。プロジェクト期間中に収集されたBIMモデルは保守の基盤となるだけでなく、今後の資産パフォーマンスのモデリングと予測の基盤としても使用されます。BIM手法の適用は、プロジェクト建設の品質と安全性を高め、計画から設計、建設、運用、保守に至る資産ライフサイクル全体の完全デジタル化戦略を加速することになるでしょう。
989_中国のMeitan-Shiqian Expressway、BIMの進化とデジタルツインで設計と建設を最適化

989_中国のMeitan-Shiqian Expressway、BIMの進化とデジタルツインで設計と建設を最適化(2)

Bentley Public Relations

Christine Byrne
Director, Media Relations
1-203-805-0432

Contact Bentley PR