2017年9月18日

BentleyのAECOsim Building Designer CONNECT Editionが大規模プロジェクトのBIM拡張性に関する課題を解決

CONNECT Editionの総合モデリング環境を活用

米国ペンシルベニア州エクストン – 2017年9月18日 – インフラストラクチャ強化のための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業、Bentley Systems, Incorporatedは本日、AECOsim Building Designer CONNECT Editionの提供開始を発表しました。このアプリケーションは、垂直構造物と水平インフラストラクチャ(道路、鉄道、公益事業など)の統合が一般的に課題となる、大規模建築プロジェクトや複雑なエンジニアリングを必要とする建築プロジェクト向けに設計された、Bentleyのビルディング情報モデリング(BIM)アプリケーションです。このようなプロジェクトでは多くの場合、設計とプロジェクトを実施する企業はプロジェクトデリバリの複数の分野に対して、また請負業者やジョイントベンチャー組織に対して広範な責任を担っています。

AECOsim Building Designer V8iの汎用性は、ユーザーの皆様によってさまざまなプロジェクトタイプにおいて実証されてきました。Bentleyの2017 Be Inspired Awardsの候補者の中でも、63組(ファイナリスト51組の中では15組)が、橋梁、空港、オリンピック競技施設、鉱業、製造業、洋上、地方自治体、発電、ユーティリティ輸送・供給、上下水道処理施設などの多様なプロジェクトにおいて、AECOsimを活用していました。また、候補者たちは、AECOsim Building Designerの一機能であるGenerativeComponentsを利用していました。これは、設計アイデアを繰り返し探求し、設計の制約や関係性を考慮しながら設計意図を組み込んで、設計品質とパフォーマンスを向上するためのコンピュテーショナルデザイン機能です。

新しいAECOsim Building Designer CONNECT Editionは、BentleyのCONNECT Editionのすべてのアプリケーションと総合的なモデリング環境を共有します。総合的なモデリング環境がない場合、エンジニアや建築家は複雑なデータ交換に苦労を強いられ、その結果、情報が消失したり、変換を何度も繰り返したりすることがありました。また、形状をモデル化するという本来の用途を超えてBIMアプリケーションを使わざるを得ないこともあり、BIMインテリジェンスにはこのような点が不足していました。

AECOsim Building Designer CONNECT Editionは、建築家、構造設計エンジニア、MEPエンジニアの作業を1つのアプリケーションで統合し、CONNECT Editionの総合的なモデリング環境を活用することでその拡張性を向上しました。新しいリリースでは、設計、解析、建設モデリングアプリケーションを完備した、多岐にわたるBentleyの総合的ポートフォリオによって、シームレスで変換が不要な相互運用性を実現します。

すべてのCONNECT Editionアプリケーションで、MicroStation CONNECT Editionを含めた、CONNECT Editionのドキュメンテーションセンターで発揮される成果物生成自動化のメリットをご活用いただけます。ドキュメンテーションセンターは、図面セット構成の一貫性、品質、効率性を大幅に高めます。AECOsim Building Designerでは、BentleyのContextCaptureで写真やスキャンから既存の状態をキャプチャして、エンジニアリング可能なリアリティメッシュに変換し、実際の地理座標コンテキストを直接AECOsim設計環境に取り込むことができるリアリティモデリングのメリットも活用できます。

Bentley Systems設計モデリング担当副社長であるSantanu Dasは次のように述べています。「ついにCONNECT Editionアプリケーションのご提供を開始するという、Bentleyにとって心躍る日を迎えることができました。AECOsim Building Designer CONNECT Editionは、ユーザーの生産性を向上し、総合的なモデリング環境によるシームレスなワークフローでコンテンツとデータを共有して複数分野にまたがるコラボレーションを実現します。BIM技術の継続的な進化に向けて、このバージョンのAECOsim Building Designerは、どのような規模のプロジェクトや複数分野にわたる複雑なプロジェクトであっても、コラボレーションの実現と全関係者の成果物の自動作成を支援します。また、Bentleyアプリケーションのサブスクリプションをご利用のお客様へのCONNECTservices提供開始を迎え、ProjectWiseのコラボレーション機能を、AECOsim Building Designerのすべてのユーザーにお届けします」

Bentleyアプリケーションのサブスクリプションご契約者のすべてのお客様にご利用頂けるCONNECTservicesは、お客様の企業や組織が直面するgoing digital(デジタル化)のための優先事項を支援するBentleyの取り組みを表しています。デジタル社会では、ユーザーは今までにない方法で技術を学ぶことができ、どこに出かけても業務をこなすことができるため、非常に多様性をもつ分散したチームとのコラボレーションが進みます。Microsoft Azureを活用するCONNECTservicesは、どのBentleyアプリケーションを使用する場合も基盤として欠かせないものとなるでしょう。CONNECTservicesの詳細についてはこちらでご確認ください。

EiPMは、バルセロナを本拠地とするエンジニアリングおよび建築企業であり、AECOsim Building Designer CONNECT Editionを早期に導入しました。同社は複雑なプロジェクトのデリバリにこのアプリケーションを使用しています。EiPM研究開発担当BIMマネージャ兼プロジェクトマネージャ、Xavier Coll氏は、次のように述べています。「まさに飛躍的な進歩です。新しいインターフェースは、すっきりとして使いやすく、どのツールも相互運用性と操作性が素晴らしく向上しました。より直観的なワークフローとなり、生産性や信頼性の向上に貢献しています。この新しいバージョンは業界で最高の総合BIMモデリングソフトウェアに間違いありません」

AECOsim Building Designer CONNECT Editionの詳細は、こちらをご参照ください。

CONNECT Editionについて
BentleyのインフラストラクチャエンジニアリングソフトウェアであるCONNECT Editionは、総合的なモデリング環境に構築され、インフラストラクチャプロジェクトのデリバリを支援します。また設計から建設、運用に至るまでプロジェクトと資産のパフォーマンスを向上させます。

CONNECT Editionアプリケーションの新しいサービス、CONNECTservicesは、プロジェクトチームによるコラボレーション向上、Bentleyソフトウェアの確実な習得、任意の場所で作業を行える個人のモバイル環境を実現します。

世界中で利用できるMicrosoft Azureの広がりとコンピューティングパワーを活用し、オンプレミスサーバー、デスクトップアプリケーション、Bentleyアプリケーションを含むハイブリッド環境をサポートすることで、CONNECT Editionは、情報モビリティをかつてない水準まで引上げ、インフラストラクチャの進化を促すことができます。

Bentley Systemsについて
Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。Bentleyのユーザーは、各分野にまたがり、インフラストラクチャのライフサイクル全体に対応するインフォメーションモビリティを活用し、パフォーマンスに優れたプロジェクトとアセットを実現できます。Bentleyのソリューションには、インフラの設計・モデリングを行うMicroStationプラットフォーム、インフラプロジェクトチームの協業と作業共有のためのProjectWiseプラットフォーム、インフラ資産運用のためのAssetWiseプラットフォームを包含し、すべてが広範なポートフォリオの互換性アプリケーションに対応し、カスタマイズされた成功戦略で補われています。

Bentleyは1984年に設立され、50カ国以上に3,000人近くの従業員を擁し、年間売上高は6億ドルにのぼります。また、2011年以来10億ドル以上を投資して研究、開発および企業買収を推進しています。

Bentleyに関するその他の情報については、www.bentley.comをご覧ください。Bentleyのニュースをいち早くご覧になるには、BentleyのプレスリリースおよびニュースアラートのRSSフィードをご購読ください。Year in InfrastructureカンファレンスのWebサイトで、Bentleyの一流のオピニオンリーダーシップイベントの見どころをご覧ください。毎年開催されるBe Inspired Awardsの革新的なインフラストラクチャプロジェクトのコレクションは、検索可能なBentleyの『Infrastructure Yearbooks』をご覧ください。インフラストラクチャ業界の関係者が出会い、情報交換し、学び合える専門家ネットワーキングサイトをご利用になるには、Bentley Communitiesにアクセスしてください。

Bentley Infrastructure 500』はインフラストラクチャの累積投資額に基づいて公共部門と民間部門のインフラストラクチャトップオーナーのランキングを掲載した独自の世界的リストです。こちらからダウンロードできます。

# # #

Bentley、Bentleyの"B"のロゴ、Be、AECOsim Building Designer、Bentley LumenRT、ContextCapture、GenerativeComponents、MicroStation、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

関連する画像:

画像: AECOsim Building Designer CEの分野
説明: AECOsim Building Designer CONNECT Editionは、設計、エンジニアリング解析、ドキュメント作成、視覚化のためのBIMプロセスを実現する、Bentleyのプレミア総合建築設計アプリケーションです。建築、構造、機械、電気の各分野のエンジニア向けの統合ツールを提供します。

画像: GenerativeComponentsとAECOsim Building Designer
説明: GenerativeComponentsは、AECOsim Building Designerのプロダクト関連機能としてインストールされます。設計アイデアを繰り返し探求して、設計の制約や関係性を考慮しながら設計意図を組み込むコンピュテーショナルデザイン機能を提供します。

画像: AECOsim Building Designer CE_LumenRT
説明: Bentley LumenRTは、非常に美しいビジュアルデータを作成して、設計のリアリティを高め伝えやすくするための関連アプリケーションです。

画像: AECOsim Building Designer ContextCapture
説明: 既存の状態の設計コンテキストを提供するため、ポイントクラウドとリアリティモデルを設計モデルで参照できます。

画像提供: Bentley Systems

 

 

 

Bentley Public Relations

Jennifer Maguire
Corporate Communications Director
1-610-458-2695

Christine Byrne
Media Relations Senior Manager
1-203-805-0432

Contact Bentley PR