2016年11月3日

Bentley Systems、2016 Be Inspired Awardsの 受賞プロジェクトを発表

 

ロンドン – Year in Infrastructure 2016カンファレンス(2016年11月3日) – インフラストラクチャ強化のための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは本日、2016 Be Inspired Awardsの受賞者プロジェクトを発表しました。Be Inspired Awardsは、世界のインフラストラクチャ整備に貢献しているBentleyユーザーの優れた業績を称えるものです。昨夜行われたYear in Infrastructure 2016カンファレンスの授賞式と祝賀会で、18件のBe Inspired Awards受賞プロジェクトと8件のBe Inspired Special Recognition Awards受賞プロジェクトが表彰されました。

Year in Infrastructureカンファレンスには、インフラストラクチャの設計、建設、運用の分野を牽引するエグゼクティブが集まります。この催しでは、プレゼンテーションと対話型のセッションにより、テクノロジとビジネスがどのように連携して互いに発展していけるのか、またそれによって将来のインフラストラクチャ供給と投資収益がどのように方向づけられるかを探ります。今回のイベントでは、月曜のBentley経営陣による年次記者会見に、世界中の主要報道各社から120名を超える記者が参加しました。Be Inspired Awardsプログラムのファイナリストによるプレゼンテーションも行われ、受賞プロジェクトが選考されました。

今年は、業界の著名な専門家から成る10グループの第三者審査員団により、54組のプロジェクトファイナリストから18のBe Inspired Awards受賞プロジェクトが選ばれました。ファイナリストプロジェクトは、80か国の組織から応募された300を超えるプロジェクトの中から事前に選出されました。

BentleyのBe Inspired Special Recognition Awards受賞プロジェクトの決定にあたっては、まず、最終選考に進出したプロジェクトおよびその他の優れたプロジェクトの中から、審査員が候補を選出します。ここでは、Be Inspired Awardsの従来のカテゴリにとどまらない優れた革新性と先見性を備えたプロジェクトが選ばれました。さらに、審査員によって選出されたプロジェクトをBentleyの経営陣が検討し、各賞にふさわしいプロジェクトを決定しました。

Bentley SystemsのCEO、Greg Bentleyは次のように述べています。「当社のユーザーである世界中の建築家、エンジニア、建設業者、運用プロフェッショナルの皆さまの業績は、昨夜表彰された、すばらしいBe Inspired Award受賞プロジェクトで実証されました。これらの非常に刺激的なプロジェクトを実現した組織を、心から祝福したいと思います。また、今年のBe Inspired Awardsプログラムにノミネートされたすべてのプロジェクトの皆さまの、世界各地で生活の質を向上させるための多大な貢献に感謝いたします」

「今年は、Bentley Systemsにとって大きな成果が得られた年でもありました。BentleyのCONNECT EditionAssetWise CONNECT Editionによって完成し、連携したデータ環境をAssetWiseProjectWiseCONNECT Editionsで共有できるようになったためです。また、ユーザーのプロジェクトとBentleyのソフトウェアポートフォリオ全体での一般化から明らかなように、リアリティモデリングが目に見えて主流となりつつあるのをご報告できることも大変嬉しく思います」

2016年のBe Inspired Special Recognition Awardsの受賞プロジェクトは次のとおりです。

アセットパフォーマンスモデリングの発展

  • メリーランド州道路管理局道路運送課 – 複数管轄区におけるサイズ超過/重量超過許可およびルート設定システムの導入 – (米国、メリーランド州、ボルチモア)

コンセプショニアリングの発展

  • HNTB Corporation – コネチカット州Mix Master(州間高速道路84号線と州道8号線のインターチェンジ) – (米国、コネチカット州、ウォーターバリー)

建設コラボレーションの発展

  • CITIC Heye Investment Co., Ltd. – CITICタワー(中国尊) – (中国、北京)

包括的BIM Playbookの発展

  • Guangzhou Metro Design & Research Institute Co., Ltd. – 広州地下鉄11号線、ChishaJiao駅およびShiliugang-ChishaJiao区間 – (中国、広東省、広州市)

建設管理の発展

  • GHD, Inc. – オルド廃棄物処分場 – (米国、グアム島、オルド)

包括的サクセスプラン

  • Black & Veatch – ビジネストランスフォーメーション – (米国、カンザス州、オーバーランドパーク)

Infrastructure Hero Award

  • Aerometrex Pty., Ltd. – ローマ法王のフィラデルフィア訪問プロジェクトのためのリアリティモデリング – (米国、ペンシルベニア州、フィラデルフィア)

2016年のBe Inspired Awardsの受賞プロジェクトは次のとおりです。

アセットパフォーマンスにおける革新

  • Danfoss – 施設の最適化とエネルギー管理 – (デンマーク、ノーボー)

橋梁における革新

  • Ministerio Obras Públicas de Chile – チャカオ橋 – (チリ、ジャンキウェ県、チロエ島)

建築における革新

  • Morphosis – Hanking Centerタワー – (中国、広東省、深セン)

建設における革新

  • Insight-WFP – ヒューストン製油所 – (米国、テキサス州、ヒューストン)

地方自治体における革新

  • ロサンゼルスコミュニティカレッジ地区 – BuildLACCD – (米国、カリフォルニア州、ロサンゼルス)

土地開発における革新

  • Beijing Shougang International Engineering Technology Co., Ltd. – 首鋼工場跡地のXishi Winter Olympics Squareへの転用プロジェクト – (中国、北京、石景山)

製造における革新

  • Unipar Carbocloro – 水銀除去施設の研磨システム – (ブラジル、サンパウロ、クバタン)

鉱業における革新

  • Tetra Tech Proteus – タナミ拡張プロジェクト – (オーストラリア、北部特別地域、タナミ砂漠)

洋上における革新

  • Oil & Natural Gas Corporation, Ltd. – 着床式洋上プラットフォーム構造の再認定および寿命延長に関する調査 – (インド、マハラシュトラ州、ムンバイ)

発電における革新

  • PowerChina Huadong Engineering Corporation Limited – Jinsha River Longkaikou水力発電所プロジェクト – (中国、雲南省、大理市)

プロジェクトデリバリにおける革新

  • Mott MacDonald Bentley – Mott MacDonald Bentleyプロジェクト – (英国)

鉄道・輸送における革新

  • Banedanmark – コペンハーゲン~リングステッド間の新規路線 – (デンマーク、首都地域、コペンハーゲン)

リアリティモデリングにおける革新

  • ヘルシンキ市 – Helsinki 3D+ – (フィンランド、ヘルシンキ)

道路建設における革新

  • Costain-Carillion Joint Venture – A5 - M1 Link(ダンスタブル北部バイパス) – (英国、イングランド、ダンスタブル)

構造における革新

  • WSP Parsons Brinkerhoff – 22 ビショップスゲート、ロンドン – (英国、イングランド、ロンドン)

ユーティリティと通信における革新

  • Hubei Electric Engineering Corporation – Miaoshan 220キロボルト二次変電所 – (中国、湖北省、武漢)

上下水道ネットワーク分析における革新

  • Roy Hill Iron Ore – 上下水道網の最適化 – (オーストラリア、西オーストラリア州、ピバラ)

上下水処理プラント構造物における革新

  • 4Delivery Ltd. & Southern Water – ウールストーン下水処理場の再開発 – (英国、イングランド、サウサンプトン)

今年の受賞プロジェクトをBentley SystemsのWebサイトで紹介しています。候補となった全プロジェクトの詳細は、年頭に発行予定の『2016 Infrastructure Yearbook』の印刷版およびデジタル版に掲載致します。Yearbookでは、2004年以来Be Inspired Awardsプログラムで認められた総計2,500組以上の世界水準のプロジェクトを紹介しています。過去12年に発行したYearbookの各版をご覧になるには、BentleyのInfrastructure Yearbooksにアクセスしてください。

Be Inspired AwardsプログラムとYear in Infrastructureカンファレンスについて

2004年以来、Be Inspired Awardsプログラムでは、世界中の建築、エンジニアリングインフラプロジェクトの設計、建設、運用における卓越した革新的な技術を紹介してきました。Be Inspired Awardプログラムは、あらゆる種類のインフラプロジェクトを対象とした、世界規模で包括的なカテゴリを網羅している唯一のコンペティションです。この表彰プログラムは、Bentleyソフトウェアのすべてのユーザーが応募でき、業界の専門家により構成された第三者審査員が各カテゴリのファイナリストを選出します。詳細については、www.bentley.com/BeInspiredをご覧ください。

BentleyのYear in Infrastructure 2016カンファレンスには、インフラストラクチャの設計、建設、運用の分野の世界中のリーダーが集まります。このカンファレンスでは、プレゼンテーションと対話型のワークショップにより、テクノロジとビジネスがどのように連携して互いに発展していけるのか、またそれによって将来のインフラプロジェクトデリバリと資産パフォーマンスがどのように方向づけられるかを探ります。

Year in Infrastructureカンファレンスには、インフラストラクチャの設計、建設、運用の分野を牽引するエグゼクティブが集まります。今年のカンファレンスの内容の一部をご紹介します。

  • プロジェクトデリバリサミット(招待者限定)
  • インフラ資産パフォーマンスサミット(招待者限定)
  • 建築および施設フォーラム
  • 鉄道および道路フォーラム
  • 石油、ガス、化学フォーラム
  • 上下水道フォーラム
  • 今後の展望フォーラム
  • Be Inspired Awardsセレモニー

Year in Infrastructure 2016カンファレンスの主なスポンサーは、以下のとおりです。

  • プラチナスポンサー: Microsoft
  • ゴールドスポンサー: ARC Advisory Group、BNP Media、Civil + Structural EngineerConstruction WeekEngineering News-Record、Geospatial Media + Communications、Informed InfrastructureNew Civil EngineerPennEnergy、Reliabilityweb.com、SPAR 3D

シルバースポンサーを含む全スポンサーのリストをご覧になるには、こちらをクリックしてください。

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、建築家、エンジニア、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用を推進するための包括的な ソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。Bentleyのユーザーは、各分野にまたがり、インフラストラクチャのライフサイクル全体に対応するインフォメーションモビリティを活用し、パフォーマンスに優れたプロジェクトとアセットを実現できます。Bentleyのソリューションには、インフラの設計・モデリングを行うMicroStationプラットフォーム、インフラプロジェクトチームの協業と作業共有のためのProjectWiseプラットフォーム、インフラ資産運用のためのAssetWiseプラットフォームを包含し、すべてが広範なポートフォリオの互換性アプリケーションに対応し、世界規模のプロフェッショナルサービスで補われています。

Bentleyは1984年に設立され、50カ国以上に3,000人近くの従業員を擁し、年間売上高は6億ドルにのぼります。また、2009年以来10億ドル以上を投資して研究、開発および企業買収を推進しています。

Bentleyに関するその他の情報については、www.bentley.comをご覧ください。Bentleyのニュースをいち早くご覧になるには、BentleyのプレスリリースおよびニュースアラートのRSSフィードをご購読ください。Year in InfrastructureカンファレンスのWebサイトで、Bentleyの一流のオピニオンリーダーシップイベントの見どころをご覧ください。毎年開催されるBe Inspired Awardsの革新的なインフラストラクチャプロジェクトのコレクションは、検索可能なBentleyの『Infrastructure Yearbooks』をご覧ください。インフラストラクチャ業界の関係者が出会い、情報交換し、学び合える専門家ネットワーキングサイトをご利用になるには、Bentley Communitiesにアクセスしてください。

Bentley Infrastructure 500』はインフラストラクチャの累積投資額に基づいて公共部門と民間部門のインフラストラクチャトップオーナーのランキングを掲載した独自の世界的リストです。こちらからダウンロードできます。

# # #

Bentley、Bentleyの"B"のロゴ、Be、MicroStation、AssetWise、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

 

Bentley Systemsflickrサイトから関連画像をダウンロードできます:
#YII2016 Be Inspired Awards受賞者

画像の帰属: Bentley Systems提供

Bentley Public Relations

Jennifer Maguire
Corporate Communications Director
1-610-458-2695

Christine Byrne
Media Relations Senior Manager
1-203-805-0432

Contact Bentley PR