エグゼクティブの経歴

創設者

Greg Bentley

チーフエグゼクティブオフィサー、社長兼代表取締役会長

4人の兄弟に加わり1991年にBentley Systemsに入社。それ以前に金融取引ソフトウェア会社を設立したが、その 会社は現在、S&P 500企業であるSunGard Data Systems, Inc.の傘下にあり、その公開会社委員会の委員を1991年から2005年まで務めた。ウォートンで金融および意思決定科学のMBAを取得。Drexel Universityの理事を務めるほか、大学のPennoni Honors Collegeの諮問委員会委員長、およびNational Building Museumの理事も務めている。

Keith A. Bentley

エグゼクティブバイスプレジデント、最高技術責任者

Bentley Systemsの創設者で、会社の技術方面のプリンシパルアーキテクト。Bentleyの創設当初から取締役および経営責任者を務る。1995年まで社長、2000年までCEOの地位にあって。デラウェア大学で電気工学の学士号を、フロリダ大学で電気工学の修士号を取得。Bentleyの多くの特許の主要発明者である。


Barry J. Bentley, Ph.D.

エグゼクティブバイスプレジデント

Bentley Systemsの創設者で、1984年の会社創設当初から取締役および経営責任者。MicroStationの発案者の一人であり、Bentleyのソフトウェアアプリケーションおよびテクノロジーのプランニングと開発に引き続き従事している。1984年から1996年まで代表取締役会長。ソフトウェア開発のキャリアの出発点は、1979年にまで遡り、同年、Dynamic Solutions Corporationを共同で創設し、バイスプレジデントとして、データ収集および解析用の製品の開発にあたる。デラウェア大学で化学工学の学士号を、カリフォルニア工科大学で化学工学の修士号および博士号を取得。


Raymond B. Bentley

エグゼクティブバイスプレジデント

Bentley Systemsの創設時からの開発者の一人で、2015年以降、取締役を務めている。MicroStationの指導的な開発者で、コアグラフィックスグループのチーフアーキテクト。レンセラー工科大学で機械工学の学士号を、シンシナティ大学で計算機工学の修士号を取得。


エグゼクティブキャビネット

Bhupinder Singh

最高製品責任者

1994年にBentley Systemsに入社し、2016年に最高製品責任者に任命される。このチームは、Bentleyの業界最高レベルのインフラ推進用ソフトウェアソリューションの開発、販売、およびユーザーサクセスを手掛けている。Bentleyにおけるこれまでの役職は、Bentley Softwareのシニアバイスプレジデント、Platform Products Groupのシニアバイスプレジデント、ならびにBentley South Asiaの販売担当常務取締役。Bentley入社以前は、Montgomery Watson Hazra(現在のStantec-MWH)、Bell Labs、Intergraph Corporationで、さまざまなソフトウェア工学の役職に就いていた。ラトガース大学で計算機科学の修士号を、ヴァンダービルト大学で構造工学の修士号を取得、さらに、インド工科大学デリー校で土木工学の学士号を、ペンシルベニア大学のウォートン・スクールでCertificate in Management(経営資格)も取得している。


Carey Mann

最高マーケティング責任者

2000年、COOを務めていたHMRの企業買収後に、Bentley Systemsに入社。2016年に最高マーケティング責任者に任命される。Bentleyにおけるこれまでの役職は、業界マーケティングのバイスプレジデントとソリューションのバイスプレジデント。また、かつてはMorgan Technologiesのエグゼクティブバイスプレジデント、およびGreentree Technologiesの創設者かつ経営面のバイスプレジデントを務めていた。マギル大学で歴史学の学士号を、オタワ大学でMBAを取得。


Chris Barron

最高コミュニケーション責任者

2008年に企業マーケティングのバイスプレジデントとしてBentley Systemsに入社し、2016年に最高コミュニケーション責任者に任命される。1983年、建築士として携わってきた建築業務を離れ、AEC業界に対するコンピュータ支援設計ソフトウェアのマーケティングにキャリア探求の場を移した。Bentley入社以前は、AutodeskでAEC Market Groupの常務取締役、Softdeskのコーポレートマーケティングマネージャ、ならびにIntergraphでシニアマーケティングマネージャを務める。ミドルベリー大学で生物地理学の学士号を、ハーバード大学で建築学の修士号を取得。


David Hollister

最高財務担当責任者兼会計担当者

2007年の入社以来、Bentley Systemsの最高財務担当責任者を務めている。M&A、ベンチャー子会社、Accelerated Commercial Development(商業的開発の促進)を含む、Bentleyのポートフォリオの開発業務の責任者。Bentleyのオペレーションズアドバンスメント組織、およびそのビジネスインテリジェンス、IT、クラウドプロビジョニング機能に対するリーダーとしての役割も担っている。Bentley入社以前は、Broder Bros., Co.のCFO兼取締役、およびPriceWaterhouseCoopers, LLPでM&A Transaction Services業務の取締役を務めていた。CPAであり、ミシガン大学でMBAを取得。


David Shaman

最高法務責任者兼総務担当重役

1998年、オランダオフィスの副法律顧問としてBentley Systemsに入社し、2016年、最高法務責任者に任命される。この役職以前は、法律顧問を務め、責任者として法務部門のグローバルな運営に日々取り組んでいた。Bentley入社以前は、Washington, D.C.を本拠地とする法律事務所Covington & Burling LLPのベルギー、ブリュッセルオフィスに勤務。ハーバード大学で法務博士号を、ペンシルベニア大学で数学の学士号を取得。


Gus Bergsma

最高売上責任者兼シニアバイスプレジデント

2005年、RAM Internationalの企業買収後にBentley Systemsに入社。2016年に最高売上責任者兼シニアバイスプレジデントに任命され、すべてのBentleyの会計をグローバルに取り仕切っている。Bentleyでは、構造および水関連のアプリケーションのグローバルセールス、すべての中小規模の会計など、エグゼクティブとしてさまざまな管理業務に携わってきた。カリフォルニア大学バークレー校で土木工学の学士号と修士号を取得。キャリアの早い段階でカリフォルニアから土木エンジニアの認定を受け、構造工学の実績を積んできた。


Florence Zheng

チーフタレントオフィサー

2015年にチーフタレントオフィサーに任命される。社員のタレントマネジメントと人材開発の責任者であり、会社のグローバルな人事の動きを監督している。現在の役職以前は、人材部門のバイスプレジデントの地位にあり、過去数十年に渡ってBentleyの人材関連業務のリーダーを務め、会社のアジア組織の組織作りと組織開発に携わってきた。キャリアの出発点は、Shellにおけるリクルート、補償、ビジネスHR業務であり、中国のGE Energyで人材管理のポジションに就いていた経験もある。上海外国語大学で学士号を、ペンシルベニア大学のウォートン・スクールでMBAを取得。


Claire Rutkowski

チーフインフォメーションオフィサー

2016年にMWH GlobalからBentley Systemsに入社。MWH Globalでは、最高情報責任者を務め、世界中の7,000人のエンジニアにIT戦略、サービス、サポートを提供した。 Bentleyでは、同社のグローバルなIT組織を率いて、Bentleyのグローバルビジネスに技術アジェンダを形成し提供している。 エグゼクティブリーダーシップチームと協力することで、Bentleyは企業とそのユーザーの目標を達成するための最先端のテクノロジーソリューションを活用している。 ペンシルベニア州立大学で学士号を取得しており、Constructechの建設におけるトップ50の女性をはじめ多くの賞を受賞している。


エグゼクティブキャビネット – より進化した製品

Alan Kiraly

資産パフォーマンス担当シニアバイスプレジデント

2010年、CEOを務めていたEnterprise Informaticsの企業買収後にBentley Systemsに入社。2016年、資産パフォーマンス担当のシニアバイスプレジデントに任命され、資産パフォーマンス向上のための提供品の開発、マーケティング、サービス、サポート、およびビジネス開発に責任を持つ、BentleyのAsset Performance Advancement Teamを率いている。Bentleyにおけるこれまでの役職は、資産パフォーマンス担当のサーバー製品のシニアバイスプレジデントと、製品管理担当の運営のバイスプレジデント。ミシガン州立大学で機械工学の学士号を、デイトン大学で機械工学の修士号を取得。


Santanu Das

設計モデリング担当シニアバイスプレジデント

2005年、Research Engineers Internationalの企業買収後にBentley Systemsに入社、2016年、設計モデリング担当シニアバイスプレジデントに任命される。会社のビル、プラント、電気、土木、および現実モデリングアプリケーションの、グローバルセールス、マーケティング、開発、サービスを管理している。Bentleyにおけるこれまでの役職は、設計およびシミュレーションのバイスプレジデント、構造およびビルのバイスプレジデント、ならびに構造グループのバイスプレジデント。南カリフォルニア大学で土木工学の学士号を、マサチューセッツ工科大学で土木工学の修士号を取得。


Noah Eckhouse

プロジェクトビジネスデリバリーユニット担当シニアバイスプレジデント

社長兼COOを務めていたOptramが2005年、Bentley Systemsに買収された後、Bentley Systemsに入社、2016年にはポートフォリオの開発担当上級副社長に任命される。これは、合併や買収、そしてBentleyの高速開発プログラムを含むチームです、それ以前は、アメリカの建築および建設担当地域担当役員。 Bentley入社以前は、MITで海洋工学ラボを管理し、America Cubedデザインチームの一員として1992 America's Cupを獲得、ボストンで3つの異なるテクノロジースタートアップの設立、資金調達、および販売成功に携わった。タフツ大学で電気工学の学士号を取得、MITスローンスクールオブビジネスでクラスに参加。


David McKenney

デジタルアドバンスメント担当シニアバイスプレジデント

道路、鉄道、橋、建物、産業プラント、発電所、およびユーティリティネットワークを設計、構築、および運用するBentleyの最大のユーザーの推進責任者。 以前は、Bentleyの営業およびプロフェッショナルサービスで役員を務めていた。 アラバマ大学で工学の修士号とハーバードビジネススクールでエグゼクティブ教育の学位を取得。 D企業変革とビジネス分析に関する会議の講演者であり、Technology Services Industry Associationの活動的なメンバー。


Bob Mankowski

Digital Cities ビジネスユニット担当バイスプレジデント

2004年に最高技術責任者を務めていたHaestad MethodsがBentley Systemsに買収された際に入社。7つの特許技術の共同発明者である。Digital Citiesのビジネスエグゼクティブ以前は、水、排水、地理空間、および通信インフラストラクチャ向けにAssetWiseの機能を開発した製品チームのリーダーであった。Drexel大学で土木工学の理学士号を取得しており、認定されたプロのエンジニア。